バランスを重視する

子供が在園中の思い出を振り返る卒園アルバムは、写真のバランスがとても重視されます。卒園アルバムにも様々なものがあり、園で一括して製作するものから保護者主体の手作りで写真を組み入れる卒園アルバムまで様々です。高額になりやすく、それほど費用を掛けずに作った方が良いという考えの保護者が多い園ですと、手作りでの卒園アルバムになる傾向が増えています。しかし、まだ根強く残されているのは、園と専属の写真が完成させる卒園アルバムは、保護者ではなく園側が写真を選別することから、どんなに気を付けていても、同じ子ばかりが多く写真に掲載されているなどと言う意見がどうしても出てしまいます。

園児しかし、そのような行為も意図的ではなく、園児の性格や行動力によって、写真撮影をしているような場面に上手く溶け込んでしまうような子も沢山します。そのため、どうしても色々な写真を使用することを考えますと、同じ子が沢山掲載されているような印象になります。園が作る卒園アルバムは、個人写真や集合写真もありますので、自分の子が全く掲載されていない卒園アルバムを購入するようなトラブルには発展しません。しかし、できればより多く掲載されている方がうれしいというのは、どこの親も同じ気持ちでしょう。

関連記事

  1. 思い出の卒園アルバム
  2. 写真を集めて選ぶ
  3. デザインなどを決める
Pocket

デザインなどを決める

卒園アルバムの制作には、その人の個性やセンスが問われる場面があります。特にデザインを決めなければいけないような場面ですと、自分の判断がどのように評価されてしまうのかが気になります。しかし、持ち主となる園児やその家族が満足できれば問題がない卒園アルバムは、愛情や時間を掛けて完成させると一層思い入れが強まります。

デザイン例えばデザインを決めるのは、卒園アルバムの表紙や写真を組み入れる背景などです。園児に任せることができないことから、どうしても保護者が考えて発案する必要があります。しかし、全てを自分でデザインするのではなく、決まったデザインの中から選択をして組み合わせるものが多いでしょう。写真のイメージや子供のタイプなどによってもデザインは変えられますので、よく考えて決めましょう。

卒園アルバムは一生形に残る大切なものですが、園児やその家族が納得して満足できれば何も問題ありません。少しでも良いものを完成させようとして、あまり神経質になってしまうのもストレスとなり、保護者の負担となってしまうでしょう。子供が園でどのような生活をしてその期間中にどのような政党を遂げたのかが確認できるのが大切です。気負わずに考えて良いアイデアを詰め込んだ卒園アルバムにした方が、後になって楽しく見られるでしょう。

関連記事

  1. 思い出の卒園アルバム
  2. 写真を集めて選ぶ
  3. バランスを重視する
Pocket

写真を集めて選ぶ

卒園アルバムを作る段階で一番大変な作業は、写真を集めて厳選することです。成長が著しい幼少期の場合、数多くの写真を普段の生活から撮影している場合が多いでしょう。そのため、沢山ある写真のストックから、卒園アルバムに良い写真を選びますので、大掛かりな作業となります。しかし、当時を振り返る貴重な時間ともなりますので、時間を忘れて選別作業を進めてしまうかもしれません。

見る在園年数は個人差がありますので、赤ちゃんの頃から入園していた場合には、その分だけ思い出の写真が増えるでしょう。写真を選ぶ際には、顔が良く映っているということも大事ですが、在園児となる子供だけでなく、兄弟や家族も一緒に写っているものを選びますと、家族全員尾変化が楽しめることから、後で卒園アルバムを見る時も楽しみが一層増えます。

また最近は、スマートフォンで沢山写真を撮影しているケースも多いことから、印刷自体はまだ行っていないこともあるでしょう。画面で見るものと写真撮影した印象が変わる可能性もありますので、候補となった写真が早めに印刷をしてスナップ写真としておくのがおすすめです。卒園アルバムは、特別豪華でなくても構わないものであり、家族や先生の思いが凝縮されていることが大切です。

関連記事

  1. 思い出の卒園アルバム
  2. デザインなどを決める
  3. バランスを重視する

 

Pocket

思い出の卒園アルバム

卒園アルバムは、子供が幼稚園や保育園で過ごした時間を振り返る貴重なアイテムです。以前は園が依頼した写真業者が撮影した写真を組み合わせて作る卒園アルバムが主流でしたが、最近では保護者側も深く関わって製作する手作り感覚の卒園アルバムが増えています。どのような仕上がりの卒園アルバムであっても、子供と一緒に当時を振り返って懐かしい気持ちになれるのは、とても大切なコミュニケーションとなるでしょう

卒園卒園アルバムの必要性には、様々な意見が多いと言われていて、写真が上手く厳選できないなどの理由から、園が主体ではなく保護者が主体となるスタイルが増えています。個人写真や集合写真ではないページでは、大勢いる園児をバランス良く掲載するのが難しいとされています。そのため、卒園アルバム自体を取りやめてしまう保育園や幼稚園も多く、成長段階で一番変化がある幼少期のメモリアルアイテムを、一つ減らすような現象が増えています。

在園中には分からなかった園の良さや、何気ない園児の日常風景、子供の成長などがとても良く分かる卒園アルバムは、どのような形や規模であっても、できる限り作成した方が良いでしょう。園児がいつか成長した時に、本人にとっても幼い時代を振り返ることのできる大事なアルバムになるはずです。

園児たちの何気ない日常も垣間みることができる卒園アルバムが、お父さんお母さん、そして、成長したときに見た本人にとっても、きっと喜ばれると思います

しかし、様々な意見を持つ保護者の子供が集団生活をする保育園や幼稚園の場合、どうしても同じ意見で一致する可能性が低くなります。その結果、それほど豪華な卒園アルバムではなくても、保護者が園と協力をして作るオリジナルの卒園アルバムを導入するスタイルが増えています。

関連記事

  1. 写真を集めて選ぶ
  2. デザインなどを決める
  3. バランスを重視する

 

Pocket